子供連れでも快適に過ごせる店づくりのコツ

工夫できることがたくさんある

ゆとりのある店内にしよう

飲食店の場合、テーブルとテーブルを近づけすぎないでください。 近いと道幅が狭くなり、ベビーカーを押して通るのが難しくなります。 どんなお客さんが来てもゆったり過ごせるよう、道幅を広く確保するのが良い方法です。 さらにトイレも、オムツの交換台を用意するなど工夫してください。

子供用のメニューを考えよう

小さな子供でも食べられるようなメニューを作ってください。 大人用のメニューしかなかったり、アレルギー対応のメニューがなかったりするお店は、子連れのお客さんが使いにくくなってしまいます。 お客さんが安心して食事ができるよう、食材の産地なども公表しましょう。

プラスチック製の食器が良い

子供に提供するメニューでは、食器をプラスチック製にしてください。 それなら子供が落としてしまった場合でも、壊れることはありません。 陶器製やガラスの食器だと落とした時に割れて、お客さんがケガをしてしまう可能性があります。 それも、安全性という部分に繋がります。

通りやすいようにセッティング

ベビーカーを押して、来店するお客さんがいるかもしれません。
それでも店内を歩けるように、テーブルとテーブルの間隔を広く取るのが良い方法です。
狭いとベビーカーが通れず、お客さんに迷惑を掛けてしまいます。
店内が狭いお店は、お客さんが避けてしまうと覚えておきましょう。
またトイレに、子供のオムツを交換できる台やスペースを用意してください。
すると子連れでも、快適に過ごせる店内になります。

子供用のメニューを用意することを忘れないでください。
まだ小さい子供は、大人と同じ量を食べることができません。
さらに、アレルギー対応のメニューを作ることをおすすめします。
食材の産地なども公表し、誰でも安全に食事ができる環境を整えるように意識してください。
子供用のメニューには、オマケを付けると良いですね。
すると子供が喜んでくれるので、何回もお店に通ってくれるかもしれません。
良いサービスを提供すれば、お客さんが何回も訪れてくれるリピーターになります。

子供が使う食器はプラスチックで、落としても壊れにくいものを選択してください。
また子供のサイズに合わせて、小さいものや握りやすいことにこだわりましょう。
子連れのお客さんをメインにするなら、店内を完全に禁煙にしてください。
狭くても喫煙スペースがあると、煙が禁煙スペースまで届くので、親は気になってしまうでしょう。
子供が楽しく待っていられるよう、キッズスペースを設けるのも良い方法です。