>

ゆとりのある店内にしよう

店内を広く使おう

たくさんのお客さんに利用してもらおうと、店内にテーブルを多く設置する飲食店が見られます。
しかしそれでは隣同士が近くなるので、お客さんはゆったり過ごせないかもしれません。
そのようなお店に行こうと思う人は少ないので、間隔を開けることが大事です。
ベビーカーでも、普通に通れるぐらいの間隔を開けると良いでしょう。

まだ小さい子供を連れてくる時は、ベビーカーを使うお客さんが多いです。
道幅が狭いと、ベビーカーを押して移動できないので困ります。
さらに子供をイスに座らせる時は、ベビーカーをテーブルの近くに置くでしょう。
道幅が広ければ、それでも他のお客さんの迷惑になりません。
お客さんが何も気にせず、店内で食事を楽しめますね。

トイレに用意するもの

飲食店なら、お客さんがトイレを利用することが考えられます。
人気になるためには、トイレも工夫しなければいけません。
特にまだオムツをしている子供をお客さんが連れてきた場合は、トイレでオムツの交換を行います。
しかしその時に子供を寝かせられる台がないと、オムツの交換が難しいでしょう。

そのため大きい台を用意し、近くに汚物入れも置いてください。
どんなに店内がオシャレで綺麗でも、トイレが汚いと印象が悪くなります。
ですからトイレも、きちんと清掃していつでも綺麗な状態を維持するように心がけましょう。
そのようにちょっとした部分を工夫することで、お客さんからの支持を集められます。
お客さんが、快適に過ごせる空間を目指してください。


この記事をシェアする