>

子供用のメニューを考えよう

大人も子供も楽しめるお店

小さな子供が大人用のメニューを食べても、食べきれずに残してしまいます。
するともったいないですし、親がお店に対して申し訳ないと感じるでしょう。
ですから親が飲食店を探す際は、子供用のメニューがあることを考慮して決めます。
子供用のメニューがないと、それだけで選択肢から外れるので気を付けてください。

また、アレルギー対応のメニューを作るのも良い方法です。
中には小麦や卵などのアレルギーを持っており、普通のメニューを食べられない子供も見られます。
そのような子供でも安心して食べさせることができる、低アレルゲンメニューを作りましょう。
お客さんを安心させるため、メニュー表にどんな食材が使われているのか記載してください。

リピーターになってもらおう

安心感を与えるために、食材の産地を細かく公表するのも良い方法です。
隠していることが多いと、お客さんから怪しいと思われてしまいます。
1回そのようなイメージを持たれたら、払拭するのが難しいと覚えておきましょう。
さらにおすすめなのは、子供用のメニューにオマケを付けることです。
すると子供が食べ終わってからもオマケで遊べるので、騒ぐことはありません。

親は、ゆったりと食事や会話に集中できるでしょう。
またオマケがあることで、子供がお店を気に入ってくれるかもしれません。
すると何回も来店してくれる、リピーターになります。
飲食店を繁盛させるためには、新規のお客さんを増やすことも重要ですが、リピーターの存在が非常に大切です。


この記事をシェアする